Let's hold hands!!

障がい児ママの日常を綴る日記です

今日、長男のプール退会の手続きをした。

ベビーから通い始めて約2年半。

現在は3歳児コース。

この上のコースは本格的な練習コースとなる為、長男はここまでだと思っていた。

体格差も出てくるし、どこかのタイミングでいずれは辞めなくてはならないと思っていた。

「前向きな卒業」として退会を申し出た後、何だか長男の笑顔がいつもに増して輝いて見えた。

毎回コースから脱走する長男。そんな日に限って、順番をちゃんと守り、脱走もしなかった。

 

なぜだろう。

涙が溢れてきた。

 

通い始めた頃は毎回泣いて泣いてどうしようもなかった長男も今はプールが大好きになった。

ニコニコしながらとっても楽しそうに水遊びをする長男を見て、何だか胸が苦しくなった。

 

「退会するのは早かったかな・・」

「もしかしたらあと1ヶ月は通わせてあげられたんじゃないだろうか・・」

「あんなに楽しそうなのに・・」

 

何とも言えないもどかしさと行き場のない何かが心に溢れだした。

子どもの気持ちを一番に考えてあげたい気持ちの裏で、それでもやはり長男は私達親が決めなければならないこともある。

 

スイミングの先生方には本当に感謝している。

脱走ばかりでマイペースな長男を、みんなと遊べるように配慮してくれたり、その時の様子に合わせて対応を変えてくれたり、本当に頑張ってくれていた。

 

子どもの成長の喜びと共に何とも言えないジレンマがぼんやりと心に残る。

 

残りの時間、楽しく過ごそう。

 

Thank you for reading♡